アパート

不動産投資塾~マンション投資をマスターしよう~

不動産とその活用

マンション

価値向上と工夫

不動産投資の方法として、中古マンションを活用するケースが増えている。この不動産マンションの投資のとき、物件の状態が最も重要になってくる。中古マンションでは、同じ築年数であっても状態は大きく変わることがある。物件の状態が悪いことで買い手が見つかりにくくなるなど、価値が下がってしまうことがあるため、投資する際には状態を十分確認した上で行うことが必要になる。また、近隣環境の確認も重要となる。中古マンションにおいては、近隣の環境で再開発が行われる予定など良い方向で整備が進む地域の場合には、資産価値が大きく上がる可能性が有る。その為、購入場所の状況を確認することがポイントになっているのだ。

中古とその特徴

中古マンション投資については、他の投資と比べて違う点がある。新築と異なり物件の状態に左右されやすいということがある。新築では、場所や間取りなどの条件面で価値が左右されるが、中古物件の場合にはそれに加え、築年数や状態により価値が左右するという特徴がある。また、少ない資金で行えるということも人気のある理由だろう。中古マンションでは、価格が安い場合も多く、投資をする際少ない資金でも行えるということも特徴として挙げられる。その他、賃貸として活用していくことで、少ない初期投資で毎月安定した収入を得られることも特徴としてある。賃貸経営として利用する場合には、空室の発生を無くすことができれば、長い間安定収益に繋げられるだろう。

マンションの管理

スタッフ

マンション管理会社は、通常は新築時の会社が継続していることが多くあります。マンション管理会社を変更する際は、ネット上で評判を聞く方法により、事前に管理会社の実際の状況などをつかむことが出来るという利点があります。

もっと読む

発展する都市です

集合住宅

投資マンションを保有するのであれば、少々高くて利回りが悪くても東京の物件を選びましょう。なぜならば、東京は空室リスクがとても小さいからです。再開発が盛んに行われており、国内外を問わず人が集まってくることが予想されています。

もっと読む

行っている人が沢山いる

賃貸

今では普通のサラリーマンでもマンション投資を行っている人がいますが、投資なので絶対に失敗しないとは言い切れないです。そこでマンション投資を始める前にはしっかりと知識を身に付けて、失敗しないためにはどうしたら良いかを真剣に考える必要があります。

もっと読む